webサイト制作の勉強|1月ブログ

webサイト制作の勉強に関する解説ブログです。

HTMLとは?

HTMLとは、Hyper Text Markup Language(ハイパーテキストマークアップ・ランゲージ)の略で、Webページを作るための最も基本的なマークアップ言語のひとつです。 普段、私たちがブラウザで観ているWebページのほとんどが、HTMLで作られています。

もちろんこのブログもHTMLファイルで出来ています。マークアップ言語と言葉でいっても解りずらいと思うので実際に見てみましょう。
ホームページ上で右クリックでコンテキストメニューを開き、「ページのソースを表示する」で確認してみます。
f:id:yachin29:20160713011517j:plain

ハイパーテキスト

ハイパーテキスト (hypertext) とは、複数の文書(テキスト)を相互に関連付け、結び付ける仕組みである。「 テキストを超える」という意味から"hyper-"(~を超えた) "text"(文書)と名付けられた。 テキスト間を結びつける参照のことをハイパーリンクと言う。

f:id:yachin29:20160713011956g:plain


平たく言うと、ハイパーテキストとは辞書である語句の意味を調べている時に、その語句の説明文のなかに解らない語句が出て来てしまい、説明文のなかの解らない語句をまた調べ直す、という堂々巡りを改善・効率化させたシステムです。ウィキペディアをイメージしてみると解りやすいかもしれません。
そんな、ハイパーなテキストをあるルールに沿って、マークアップ(目印・タグを付ける)した言語がHTMLです。

W3C

その、あるルールとはW3CWorld Wide Web Consortium)という組織が「仕様書」という形で策定し、我々はそれに沿ってHTMLを記述していきます。

HTMLを書く準備

HTMLファイルはメモ帳でも作る事が出来ますが、授業ではまず非常にシンプルなテキスト・エディターである「Terapad」を使用します。

TeraPad

techacademy.jp



ただ、「Terapad」はwindowsでしか使えないので、自宅のPCがMacの人は「mi」というテキスト・エディターを代わりに使ってみましょう。
mi - テキストエディタ
techacademy.jp

広告を非表示にする