読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

求職者支援訓練webサイト制作科1月クラス

フェリカテクニカルアカデミー池袋の求職者支援訓練webサイト制作科1月クラスの授業解説ブログです。

font-familyの指定|2017年2月版

font-familyの指定

f:id:yachin29:20160726001758p:plain


font-familyとは表示される文字フォントの指定です。
基本的には表示させたいフォント(綺麗なフォント)から順に指定してきます。
注意が必要なのがwindowsで、windowsで使われる標準フォントはバージョンによって違うので、それを加味したフォント指定を行いましょう。

游書体

f:id:yachin29:20160726002331g:plain


游書体はWindows 8.1以降のWindowsおよび、OS X Mavericks以降のMacにバンドルされている、比較的新しいフォントです。

ただ、実際に指定してみると、Macでは綺麗なのに、Windowsでは文字がかすれたように見えて非常に読みづらくなってしまいます。
Macに搭載されている游ゴシックは「ミディアム」「ボールド」なのに対し、Windowsに搭載されているのは「細字」「標準」「中」「太字」(「中」は、Windows10から搭載)。
そのため、font-familyで「游ゴシック」と指定すると、Macでは「ミディアム」で表示されて綺麗なのに、Windowsでは「細字」で表示されるためにかすれてしまいます。
なので敢えて、「font-weight: 500;」の指定が必要になります。


ゴシック体での指定
font-family: "游ゴシック", YuGothic, "ヒラギノ角ゴ Pro", "Hiragino Kaku Gothic Pro", "メイリオ", "Meiryo", sans-serif;
font-weight: 500;
明朝体での指定
font-family: "游明朝", YuMincho, "ヒラギノ明朝 ProN W3", "Hiragino Mincho ProN", "HG明朝E", "MS P明朝", serif;


最新のブラウザーでは英語のみのフォント指定で大丈夫ですが、古いfirefoxでは英語での指定がNGなので日本語での指定も含めています