読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

求職者支援訓練webサイト制作科1月クラス

フェリカテクニカルアカデミー池袋の求職者支援訓練webサイト制作科1月クラスの授業解説ブログです。

Math.randomの使い方

JavaScript

JavaScriptで乱数を取得したい場合には「random関数」を使います。

覚えるメソッド

Math.random

Math.random()は、0〜0.9999...(1未満)の間から、1つの数値をランダムで返すメソッドです。0は含みますが、1は含みません。



Math.round

Math.round()は、小数点以下を四捨五入するメソッドです。整数を取得したい場合に利用します。

Math.ceil

Math.ceil()は、小数点以下を切り上げるメソッドです。0.999なら1、3.21なら4という数値を返します。

Math.floor

Math.floor()は、小数点以下を切り捨てるメソッドです。0.999なら0、3.21なら3という数値を返します。


<script>
  var a =  Math.random();
 
  document.write(a);
</script>

0から10までの数字をランダムで取得したい場合

<script>
// 0〜10の乱数を発生 ([10]を指定する)
var a = Math.floor( Math.random() * 10 ) ;

 document.write(a);
</script>

各メソッドを実際に表示させる

<script>
 
  var a = Math.round( Math.random() * 10);  //小数点以下を四捨五入
  var b = Math.ceil( Math.random() * 10);  //小数点以下を切り上げ
  var c = Math.floor( Math.random() * 10);  //小数点以下を切り捨て

  document.write(a + '<br>');
  document.write(b + '<br>');
  document.write(c + '<br>');
</script>

任意の範囲での乱数を取得するには

<script>
// 5〜10の乱数を発生 [11-5]と[5]を指定する
var a = Math.floor( Math.random() * 6 ) + 5 ;
</script>

画像をランダムで表示する

「img0~img3」画像を準備する
「img1~」の場合は、((Math.random()*numOfImg)+1)となる

<script>
var numOfImg = 4;
var num;
num = Math.floor(Math.random() * numOfImg)
document.write('<img src="img/img' + num + '.jpg">');
</script>
広告を非表示にする