読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

求職者支援訓練webサイト制作科1月クラス

フェリカテクニカルアカデミー池袋の求職者支援訓練webサイト制作科1月クラスの授業解説ブログです。

Dateオブジェクトで時間の取得

JavaScript

「 new Date()」を使う事で、現在の時間を取得することが出来ます。

f:id:yachin29:20160904223005j:plain

<script>
var date = new Date();
document.write(date);
</script>

実際に表示してみると「 new Date()」には日時についての様々なデータが収納されているのが解ります。
このままでは使いづらいので「 new Date()」の中から必要な情報だけを引っ張って来ます。


var myYear = date.getFullYear(); // 年
var myMonth = date.getMonth()+1; // 月
var myDate = date.getDate(); // 日
var myDay = date.getDay(); // 曜日
var myHours = date.getHours(); // 時
var myMinutes = date.getMinutes(); // 分
var mySeconds = date.getSeconds(); // 秒


月の取得の際に注意が必要で、月は 1月から 12月ですが、getMonth() の値は 0月から 11月になっています。なので+1を追加し、1月~12月に直します。
また曜日の取得は0から6の数値が セットされていて 配列を使って、「×曜日」に置き換えます。




課題

今日の西暦年月日曜日(〜年〜月〜日〜曜日)を表示させなさい。

現在の時刻を(〜時〜分〜秒)を表示させなさい。