読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

求職者支援訓練webサイト制作科1月クラス

フェリカテクニカルアカデミー池袋の求職者支援訓練webサイト制作科1月クラスの授業解説ブログです。

jQueryとCSS3を使ったアニメーション

HTML5 × CSS3 × jQueryのハイブリッドアニメーション

f:id:yachin29:20160427010604j:plain


最近のWebアニメーションはスマホで表示する事も考慮し、動きの軽いアニメーションが求められています。その為には単一のスクリプトではなく複数のスクリプトを合わせる必要があります。

jQueryの特徴の1つであるアニメーション機能を使うと、手軽にアニメーションを実装することができてとても便利です。しかし、jQueryによるアニメーションを多用すると処理がどうしても重くなります。
特にスマホなどでは、元々アニメーションがネイティブアプリのUIに多く使われているため、jQueryによるアニメーションがもっさりとした動きになる事が多いです。
jQueryのアニメーションは、通常CPUにより処理されています。CUPはアニメーションだけでなくコンピュータ全体の演算を担っているため、CPUでアニメーション処理を行うとどうしても処理が遅くなってしまいます。

CSS3の「transformプロパティ」を使用したアニメーションはGPUが処理を行います。GPU「 Graphcs Prosessing Unit」は画像の処理が得意なので、描画をGPUで行う事でCPUの負担が軽減され、結果としてページ全体の表示も早くなります。

jQueryとCSS3を上手く使うことで、滑らかで負荷のかからないアニメーションを制作しましょう。