webサイト制作の勉強|1月ブログ

webサイト制作の勉強に関する解説ブログです。

Googleフォームに自動返信機能を付ける

Googleフォームに自動返信機能を付ける

以前作ったフォームをカスタマイズして、フォームを記入してくれた人に自動でメール返信が出来る機能を追加します。
自動返信機能を付ける事でフォームを利用したユーザーにタスクの進行状況を伝える事が出来るので、結果としてユーザビリティの向上に繋がります。


1 お問い合わせフォームとリンクさせた「スプレットシート」の、「ツール」メニューから「スクリプトエディタ...」を選んでスクリプトエディタを起動する。
f:id:yachin29:20150403144259j:plain

2 「無題のプロジェクト」をクリックし、プロジェクト名をつけて「OK」をクリック。

3 エディタ内のfunction myFunction(){}を削除し、以下のスクリプトに差し替える。

function autoreply() {


 var title = "お問い合わせありがとうございます。"; 
 var body
 = "お問い合わせありがとうございます。\n"

 var footer
 = "------------------------------------------------------------\n\n"
 + "お問い合わせいただきましてありがとうございます。\n"
 + "内容を確認させて頂き、\n"
 + "こちらよりご連絡させていただきますので、\n"
 + "よろしくお願いいたします。\n\n"
 var name = 'お名前';
 var mail = 'メールアドレス';
  var address = "";
 
 var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
 var rows = sheet.getLastRow();
 var cols = sheet.getLastColumn();
 var rg = sheet.getDataRange();
 Logger.log("rows="+rows+" cols="+cols);
 
 for (var i = 1; i <= cols; i++ ) {
 var col_name = rg.getCell(1, i).getValue(); 
 var col_value = rg.getCell(rows, i).getValue(); 
 body += "■"+col_name+"\n";
 body += col_value + "\n\n";
 if ( col_name === name ) {
 body = col_value+" 様\n\n"+body;
 }
 if ( col_name === mail ) {
 address = col_value;
 }
 }
 body += footer;
 

 GmailApp.sendEmail(address,title,body);
}


4リソース」メニューから「現在のプロジェクトのトリガー」を選びます。
f:id:yachin29:20150403145113j:plain


5「許可のリクエスト」で「承認する」ボタンをクリックして承認しましょう。
f:id:yachin29:20150403145323j:plain


ascii.jp