webサイト制作の勉強|1月ブログ

webサイト制作の勉強に関する解説ブログです。

スマホで見た時にjQueryを無効・有効にする(ユーザーエージェントで判別する方法)

前回の授業では

if($(window).innerWidth() <= 767){
  
  };

のようにwindowの横幅を基準に条件分岐させるパターンをやりました。

今回のやり方はユーザーエージェントでスマホかPCか判別してやる方法です。

ユーザーエージェント

ユーザーエージェント(UserAgent)とはウェブサイトに訪問する際「Google Chromeからアクセスしています」「iPhoneからアクセスしています」などのどんな環境でアクセスしているのかの利用者の情報のことを言います。
ウェブサイトにアクセスする際にはこのユーザーエージェントを必ず送ることになっています。


今回のパターンはPC・タブレットであればjQueryを有効に。スマホiPhoneAndroid)であればjQueryを無効にします。
「!」エクスクラメーションマーク (exclamation mark)とは、Javascriptでは否定の意味で使われます。

if(!navigator.userAgent.match(/(iPhone|Android)/)){
$(function(){
//ここにjQueryの記述
});
}


逆にPC・タブレットであればjQueryを無効に。スマホiPhoneAndroid)であればjQueryを有効の場合

if(navigator.userAgent.match(/(iPhone|Android)/)){
$(function(){
//ここにjQueryの記述
});
}

また、PCであればjQueryを無効に。スマホiPhoneAndroid)とタブレットiPad)であればjQueryを有効の場合

if(navigator.userAgent.match(/(iPhone|iPad|Android)/)){
$(function(){
//ここにjQueryの記述
});
}


このように「|」で区切って自身でユーザーエージェントを追加する事も出来ます。