webサイト制作の勉強|2018月2月クラスブログ

webサイト制作の勉強に関する解説ブログです。

無料サーバーの取得とデータのアップロード

制作したデータをインターネット上で表示させるためには作ったデータをサーバーにアップロードする必要があります。
サーバーには無料のものと有料のものがありますが、授業では無料サーバーを使用していきます。
webサイト制作においてサーバーは必須のものです。今のうちからサーバーへのアップロードに慣れておきましょう。


無料レンタルサーバーは世の中に沢山ありますが、授業では「webcrow」「xdomain」の2つを使用します。
(※ウェブクロウは、無料で機能を拡張できるオプションサービスが「PHPMySQLオプション」と「容量増加オプション」の2つ用意されていますが、必ず「PHPMySQLオプション」を選びましょう。


FTPソフトのインストール

制作したデータをサーバーにアップロードするには「FTPソフト」が必要になります。
windowsであれば「FFFTP」は非常に使いやすいFTPクライアントソフトウェアで、初心者にとってはまず最初に使ってみるべきFTPソフトです。

FFFTPは、1997年に曽田純(Sota)が作成、発表した、代表的なFTPクライアントソフトウェア。開発は2011年8月31日をもって終了。

FFFTP

有志によって現在でも開発が行われているサイト
ja.osdn.net


WinSCP

WinSCPは、MS-Windows上で動く オープンソースでグラフィカルなFTP、FTPS、SFTPクライアントプログラムです。旧来のSCPプロトコルもサポートします。このプログラムの主な機能は、ローカルコンピューターとリモートコンピュータ間で安全にファイルをコピーすることです。これに加え、WinSCPスクリプトと基本的なファイルマネージャー機能を提供します。
ja.osdn.net

techacademy.jp


FTPの設定

FTPソフトとデータをアップロードするサーバーを紐付けする必要があります。
紐付けに必要な情報はレンタルサーバーFTPアカウントに記載されています。
必要な情報は、

  • FTPホスト名
  • FTPユーザー名
  • FTPパスワード

の3つです。

macユーザーの場合

FFFTPwindowsでしか使用出来ないため、macユーザーは他のFTPソフトを使いましょう。

https://cyberduck.io/index.ja.html?l=ja

techacademy.jp