webサイト制作の勉強|2018月2月クラスブログ

webサイト制作の勉強に関する解説ブログです。

色々なメソッドの使い方

基本的なメソッドの使い方を覚える

window.document(ブラウザーに文字を表示させる)

JavaScriptで文字列を表示するには、「window.document.write( )」を使います。
表示したい文字列をシングルコートではさみます。「window.」は省略できます。

.document.write( 'Hellow World!!' );
window.alert(警告ダイアログに表示させる)
 window.alert( 'Hellow World!!' );
window.confirm(確認ボックスを表示する)
 window.confirm( '保存しますか?' );
window.prompt(ユーザーに文字を入力してもらう)

ユーザーに文字や数字を入力してもらい、それを「戻り値」として受け取ることが出来ます。

 window.prompt( '金額を入力して下さい' );

入力した値を変数に代入する

<script>
var name = window.prompt('名前を入力してください');
document.write(name);
</script>