webサイト制作の勉強|2018月2月クラスブログ

webサイト制作の勉強に関する解説ブログです。

広告関係4団体が「広告制作取引『受発注』ガイドライン」を策定

広告関係4団体「新しい働き方」円卓会議、広告制作取引「受発注」ガイドラインを策定。

広告業務に携わる関係者全員がこれまでの働き方を見直し、長時間労働を抑制するための取り組みとして、公益社団法人日本アドバタイザーズ協会一般社団法人日本広告業協会、一般社団法人日本アド・コンテンツ制作協会、公益社団法人日本広告制作協会の広告関係4団体は「新しい働き方」円卓会議を第2回(12月8日)、第3回(1月11日)と開催し、「広告制作取引『受発注』ガイドライン」を策定いたしました。

広告制作業務における長時間労働削減のためには、受注/発注側の両者がお互いの立場を尊重し、業務を進めることが重要です。
このガイドラインは制作費や納期などの発注内容を事前に明確にし、適切なスケジュール管理のもと業務管理を行い、受注/発注両者が長時間労働の抑制に取り組むことを目的としたものです。それらを「受発注確認書」として電子メールで取り交わすことをルールといたしました。

http://www.jaa.or.jp/archives/information/%E5%BA%83%E5%91%8A%E9%96%A2%E4%BF%824%E5%9B%A3%E4%BD%93%E3%81%8C%E3%80%8C%E5%BA%83%E5%91%8A%E5%88%B6%E4%BD%9C%E5%8F%96%E5%BC%95%E3%80%8E%E5%8F%97%E7%99%BA%E6%B3%A8%E3%80%8F%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89/



「広告制作取引『受発注』ガイドライン」